浜松市中区の賃貸物件広告の取引態様と仲介手数料

subpage-img

浜松市中区の賃貸物件探しで広告を閲覧していると、いろいろな項目において記載されています。

そのひとつが、取引態様という項目です。

取引態様は、不動産会社が該当の浜松市中区の賃貸物件にどんな立場で関わっているかを示しています。

浜松中区の賃貸使いやすさが好評です。

取引態様のタイプは、貸主・代理・仲介の3つです。



貸主は、別称自社物件とも呼ばれていて不動産会社が所有している物件を会社自身が大家さんとなり他人に賃貸契約します。
取引態様が代理と仲介の物件では、不動産会社ではないオーナーさんが別に存在し代理ではオーナーさんに代わって、仲介ではオーナーさんと賃貸物件探しをする人との間に不動産会社が経ち物件の紹介と正式な契約までのサポートをするものです。


取引態様は、初期費用のひとつとして正式契約の際に必要になる仲介手数料と関係しています。
仲介手数料は、物件を紹介しまた正式契約までのサポートに対して借り手が不動産会社に対して支払う手数料です。

仲介手数料については、不動産取引を全体的に管轄する法律の宅地建物取引業法でも定められています。


仲介手数料は成功報酬なので、浜松市中区の物件において正式に賃貸契約が成立した時点で不動産会社に請求権が発生するものです。


仲介手数料の請求権は、取引態様によって発生する場合としない場合があります。
取引態様が貸主の自社物件では、不動産会社の持ち物を賃貸契約するので仲介手数料は発生しない仕組みです。

その他の取引態様、代理と仲介では仲介手数料が発生します。



top